スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル エクシーガ レポート「どうなのよ? Vol1」

『もぅ、ピンキー』

6月17日 スバルより、エクシーガが登場。

どのような車か。

一言で言うならば、大き目のレガシィだ。

レガシィ(5人乗り)を7人乗りにし、乗車乗員数が増えた分、一回り大きくなったと、いう所だろうか。

タダ大きくなっただけではない。
運転手を喜ばせるスバルらしい軽快なドライビング、2列目以降の乗員をくつろぎのツーリングにいざなってくれる。

ドライバーだけの車ではない。そう、可愛い彼女をちょこんと乗せドライブデート。
彼氏にわがままを言い、代わりに運転してもらう。

海沿いを走り、ふと気づいた時には、都会の夜景がみえてくる。


そして二人は・・・・。

そんな、ムードを想像できる車だ。

と、大人のムードたっぷり感を伝えたが、家族車としてもぴったりである。

2列目シートを大人二人で独占し、ゆったりリクライニング、子供を3列目にすわらせる。

注目したいのが、実は3列目。

これは、エクシーガの注目の一つでもある、「シアターシートレイアウト」とよばれる、シート配置にある。
これは、映画館や劇場のように、1列目から3列目へと座る位置が段階的に高くなっていく、シートレイアウトになっている。

安全のためにと子供を後席に座らせた場合でも、後席からもフロントガラスから前方の風景が見え、車内の圧迫感をやわげる効果があるため、広々としたゆとりが更に広がる。

シートレイアウトの他にもう一つ注目したい点がある。

2.0クラスミニバンに良くある不評が実は取り除かれているといっていい。3列目シートのオマケ感である。

このクラスのミニバンの3列目シートといえば、たまたま乗る人が多くなってしまった時の、緊急用『オマケ椅子』であり、座り心地は度外視されていた風潮がある。

このエクシーガにいたっては別物。シートのさわり心地もよく、なにより座った時の感触は、2列目シートと変わらないほどである。

フル乗車しても、ドライバー・乗員含め快適なツーリングが出来るのではないだろうか。


インテリアをいうと、切がなくなる。


続きのレポートは後日、お伝えすることとしよう。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

新車購入アドバイザー

Author:新車購入アドバイザー
新型アルファード発表1週間で驚愕の47万円引き達成。
ヴェルファイア下取り車なし33万円引き。
新型アルファードの値引き交渉の実態レポートなら、新車購入110番!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。