FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エグゼグティブパワーシート 横スライド・ロングスライド 続編(操作時の故障についてなど)

新型アルファード・ヴェルファイアオーナー、これから購入を検討するユーザーの方々、お待ちどう様でした。

前回のインタビュー記事で一部、インタビュー内容に抜け落ちがあった点をお伝えしなくてはならない。
記事の掲載上は問題ないのだが、前回掲載された記事内容で疑問になった方もいたはずであろう、安全法規についてである。

それは、エグゼグティブパワーシートで横スライド・ロングスライドをした場合、3列目乗員の緊急脱出が出来なくなるという掲載記事について、『リラックスキャプテンシートでも、横スライド・ロングスライドをした場合、中央の通路について、大人が通れるほどの幅の確保ができていないのではないか?それなら、エグゼグティブパワーシートと同様に安全法規上の問題になるのでは?』と、疑問に思った方もいるであろう。

この疑問についても、筆者はインタビューをし、その回答を得ていたのだが、前回の安全法規上の問題記事の時に、掲載し忘れていたことをここにお詫びしたい。

この内容について、続き記事で掲載したいと思う。

では、今回の追加記事の紹介に移る。

------------------------------

今回は、期待待ちをしているであろう、『操作時の故障の可能性について』・『シートの補償』・『蓋が付いている理由』や、総論と筆者からのお願いなど、盛り沢山でお伝えしていこう。

それと、最初に読者の方々にお願いをしておこう。
毎回、※赤字注意書きで記載している部分であるが、この部分については必ず読み、納得・理解・了解の上で記事を読んで欲しい。

筆者や筆者に関係する団体や個人。ここで上げられている団体や企業、あらゆる人間や物は、この記事を読んだり、見た結果の、損害・賠償・抗議には一切応じられない。

それほど込み入った内容なのである。

紹介する内容を参考に、ご自身が行った改造・操作において、、エグゼグティブパワーシート及び所有されているお車の他、あらゆる物や人へ重大な損害が生じても、当サイト(ブログ)管理者・関係者は一切の責任・保障・賠償は出来ません。『ご自身の責任と判断の元に行ってください。 』

当サイト・ブログ内容による、いかなる損害も、当サイトブログ管理者・関係者・各メーカー・販売店は一切の関係・責任・賠償は負えません。

続きを読む...

スポンサーサイト

続編投稿のお知らせ(エグゼグティブパワーシート 横スライド・ロングスライド)

お待ちどうさまでした。

新型アルファード・ヴェルファイア、エグゼグティブパワーシート 横スライド・ロングスライドの『できるんです』・『サルベージ』の続編を公開しました。

メーカー直撃インタビューが掲載されています。

下記よりリンクしていますので、ご覧下さい。


記事はこちら

エグゼグティブパワーシート 横スライド・ロングスライド

『サルベージ』

新型アルファード・ヴェルファイア、最上級モデル(3.5L アルファードG-L・S-C パッケージ・ 3.5L ヴェルファイアV-L・Z-G エディション)に設定されている、エグゼグティブパワーシートの『横スライド・超ロングスライド』の続編である。

前記事 「出来るんです」では、エグゼグティブパワーシートでの横スライド・ロングスライドを特殊な改造もなく、メクラ蓋を外し、内部にあるワイヤーを引くだけで、通常のリラックスキャプテンシート同様の操作で、横スライド・ロングスライドが出来るという内容だ。

このメクラ蓋は、その後の調査により、車両に毎にはめ込み具合の固さの違いはあるものの、接着されておらず、場合によっては素手で蓋が取れる状況である。

前記事の締めくくりでも述べているが、エグゼグティブパワーシートで、リラックスキャプテンシート同様の操作が出来る事は、新型アルファード・ヴェルファイアユーザーや、これから購入検討をするユーザーにとっては、驚愕の事実であり、感動に値するものであるが、エグゼグティブパワーシートで、横スライド・ロングスライドが出来てしまった事で、その操作による代償への恐怖や疑問を感じる事だろう。

今回は、エグゼグティブパワーシートでの横スライド・ロングスライドにおいて、カタログ上設定がされていない理由・もし操作を行った時のエグゼグティブパワーシートへの負担や、その代償などをメーカーへ直撃インタビューをした。

紹介する内容を参考に、ご自身が行った改造・操作において、、エグゼグティブパワーシート及び所有されているお車へ重大な損害が生じても、当サイト(ブログ)管理者・関係者は一切の責任・保障・賠償は出来ません。『ご自身の責任と判断の元に行ってください。 』

当サイト・ブログ内容による、いかなる損害も、当サイトブログ管理者・関係者・各メーカー・販売店は一切の関係・責任・賠償は負えません。


続きを読む...


エグゼグティブパワーシートの横スライド&超ロングスライド!!?

『できるんです!』

紹介する内容を参考に、ご自身が行った改造・操作において、、エグゼグティブパワーシート及び所有されているお車へ重大な損害が生じても、当サイト(ブログ)管理者・関係者は一切の責任・保障・賠償は出来ません。『ご自身の責任と判断の元に行ってください。 』

最上級グレードのエグゼグティブパワーシートにするか、一段下のリラックスキャプテンシートにするのか、ある日の客と販売員の商談風景・・

客:『最上級グレードのシートのエグゼグティブキャプテンシートって、横スライドと超ロングスライドって出来ないんだよね?

販売員:『はい。最上級のエグゼグティブキャプテンシートは残念ながら、横スライド・超ロングスライド゙は出来ないんです。もし、ゆとりをもった室内空間を楽しみたいのであれば、キャプテンシートをお選び頂くしかありません。 』

客『何で最上級グレードなのに(ロングスライド)出来ないの?ファーストクラスの快適性を売りにしてるんでしょ??

販売員『申し訳ありません・・・。エグゼグティブキャプテンシートは、本皮での乗り心地と質感、電動リクライニング・電動オットマンでの無段階調整での、お客様のだけの座り心地をご提供しています。たしかに、超ロングスライドは出来ませんが、座っていただければお分かりの通り、十分な広さと快適性はご提供できているかと思います。

客『・・・・・・(椅子の性質の問題じゃなくて、超ロングスライドが出来るかどうかが問題なんだよ・・)


こんな一コマ。気になる人は一度は聞いてしまう。
最上級の「全身で感じる大いなるくつろぎ」謳っているエグゼグティブキャプテンシート。このシートは、カタログ上(新型アルファード・ヴェルファイアカタログ、P40上段参照)、「横スライド」「超ロングスライド」は『出来ない事』になっている。

しかし・・・

『実は、出来るんです!!』

その方法は・・・

続きを読む...


エグゼクティブパワーシートの快適感を検証

『High and low』

エグゼクティブパワーシートの肘掛の高さについて。

よく聞く話に、
女性には肘掛が高すぎて座りにくい、子供がいるのでエグゼクティブパワーシートは対象外。大人の女性でも肘掛が高すぎて使いづらいという評判なのに、子供では使えないだろう。

批評が多いです。

そこで、実際にエグゼクティブパワーシートの使用感が本当に酷評どおりなのかを、4歳の息子と153センチの嫁(体重は明かせないようです。ぽっちゃり系)を連れて、新型アルファード3.5L G-Lパッケージの試乗に、エグゼクティブパワーシートの座り心地と使い勝手の確認と検証に行ってきました。


続きを読む...


プロフィール

新車購入アドバイザー

Author:新車購入アドバイザー
新型アルファード発表1週間で驚愕の47万円引き達成。
ヴェルファイア下取り車なし33万円引き。
新型アルファードの値引き交渉の実態レポートなら、新車購入110番!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。